バリアフリー制作のために


制作時に使用させていただいたもの

カラーコントラストチェッカー(アイ・クリエイツ)
色覚異常の方達にどのように見えるかを
簡易的に確認できます。使用した色は
こちらで検証して決めました。

白内障の場合、白と黄色が見分けにくいので
黄色の文字は使いませんでした。

標準の水色「
#00ffff」は明るすぎて
刺激が強いので、少し暗い色
#00ecec」を選びました。




音声読み上げソフト
windows8に標準搭載されている
「ナレーター」を使いました。

音声読み上げは、目を閉じて、音だけでも
分かりやすいか検証しています。



サイトの検証
制作担当自身の裸眼視力が0.03なので
メガネを外して見えかたを検証しています。
視野が狭くなっていることに配慮するため、
手を丸めて輪を作り、その中を見て、
文字がはみ出さないように調整しています。




制作時に気付いたこと
「施設名」「写真」に続いて、どんな施設なのか
コメントを付けることで、イメージしやすくなる。
「備考」のように画数の多い字は潰れて見にくい。
「その他」に置き換えた。
診療時間は白文字だけだと、見にくくなるので
曜日の色を変更しました。
休診日の位置は診療時間より上側にあるほうが
利用しやすいので通常版と位置を変更しました。




音声読み上げソフト、誤読への対処方法
住所の「八戸市」は「はっこし」になってしまう
町名も変な読み方になる時がある。
小さい文字で読みを「平仮名」で併記すると
何が書いてあるのか良く見えなくて
余計な労力を使う。
大きな文字で併記すると邪魔に感じる。
(対応策は模索中)
住所の「字(あざ)」は「じ」と読むので
聞きやすいように削除しました。
番地の「−」は「ハイフン」と読むので
「の」に変更しました。
電話の「-」は、「の」と読まれる。
「診療科目」は「しんりょうかめ」になるので
「目」を削除して「診療科」に変更しました。
「休診日」は「きゅうしんにち」になるが
「きゅうしん」だけより聞き取りやすい
感じがするので、そのままにしました。
「行っています」は「いっています」に
なるので使わない。
アルファベットは誤読するので
読み仮名を併記しました。
(例、ipadはイパッド、AEDはアエド)
音声読み上げソフト、聞き取りやすさの工夫
診療時間は午前の部、午後の部に
「と」「です」を付記することで聞きやすくしました。
時間は、見分けやすい「時 分」を使用。
00分丁度の場合には、見聞きしやすいよう
分の表記は省きました。
良く使われる「・」だが、ナレーターでは
そのまま間を置くことなく読み続けるので
文の区切りにならない。「、」を使う。
文章は「変更」で止めると、文が続く印象なので
「変更しました」と、区切りを明確にする。



参考資料はこちらです


トップページに戻る