歯周疾患検診



問い合わせ 八戸市健康づくり推進課  0178-38-0710


歯周病とは、歯を支えるいろいろな組織の細菌感染によっておこります。現代の日本人の約8割は
歯周病にかかっているといわれており、50歳以上の方が歯を失う原因の中では、歯周病が
90%を占めています。また、歯周病は歯を失うだけではなく、生活習慣病を悪化させるなど
全身の疾患と関係するこわい病気です。生涯自分の歯で食べる楽しみと健康をいつまでも保つため
是非この機会に歯とお口の健康チェックを受けましょう。


歯周病は生活習慣病!
歯周病の原因は、歯垢と細菌のせいばかりではありません。それらをさらに悪化させるような
様々な生活習慣が深く関係しています。そのため予防には、次のような原因もとり除くことが必要です。
「歯垢」「歯石」「疲労」「喫煙」「肥満」「悪い歯並び・かみ合わせ」「糖尿病、高血圧」「ストレス」などの病気。


虫歯・歯周病から歯を守る生活習慣のポイント!!

歯の手入れ 毎食後と寝る前に歯をみがく。
みがけないときはせめてうがいを。
食生活 間食は控える。
栄養バランスの整った食事をする。
よくかんで食べる。
その他 ストレス・疲労をためない。
歯ぎしりや歯をくいしばるくせを直す。
たばこをやめる。



歯周病がこんな病気の引き金に!
脳の病気(脳炎)、皮膚の病気(湿疹)、呼吸器の病気(肺炎)、心臓の病気(心内膜炎、動脈硬化、狭心症)
消化器の病気(胃腸障害)、代謝異常の病気(糖尿病、腎炎)、早産・低出生体重児出産
神経の病気(神経痛、肩コリ)、関節の病気(関節炎)


こんな症状があったら歯周疾患検診を受けましょう

歯肉が腫れる。口臭がある。歯茎が赤くなる。口の中がねばねばする。
歯がぐらぐらする。歯茎がむずがゆい。冷たい飲み物が歯にしみる。
歯を磨いた時出血する。食べ物が歯の隙間にはさまる。


本年度の対象者

対象者 八戸市に住民登録をしている人で、本年度中に40歳、50歳、60歳、70歳になる人
内容 問診・口腔内診査
(現在の歯の状況・歯周組織の状況・喪失歯の状況・口腔清掃状況等)。
上記以外の検査や治療が必要な場合は、別途自己負担金がかかります。
持ち物 受診券(対象者に郵送)、健康保険証
生活保護を受けている方は治療が必要な場合に備え、医療券も持参しておいてください。
自己負担金 無料・歯周疾患検診無料化は、受託歯科医院の協力により行われています。
申し込み方法 受託医療機関に直接お申込みください。
検診日 受託医療機関の検診日


**トップページに戻る**